前世は、ねこ

よく「猫っぽいね」と言われる人が書くブログです。

カジュアルを好むサイクリストに!CHROME(クローム)SPDシューズ KURSK AW PRO レビュー!

どうも。aki.freedomです。

カジュアルを好むサイクリストの方で、SPDシューズに興味があり、そろそろSPDシューズを履きたい!と言った方もいらっしゃると思います。

しかし、SPDシューズってガチっぽいデザインで、普段使いできないんじゃない?、カジュアルな服装には似合わない?と言った疑問もあると思います。

そこで今回はカジュアルでも合う、CHROME(クロームSPDシューズについてレビューです。

 

 

 

 

CHROME(クロームSPDシューズ KURSK AW PRO(ビンディングシューズ)

KURSK AW PRO / クルスク オールウェザー プロ

ローム・インダストリーズジャパンより販売されている、サイクリングシューズです。

どうですか?パッと見は普通のスニーカーと何ら変わりませんよね?

実はこのシューズ…

 

SPDシューズになっています!

クリート(金具)が付いてる箇所には、本来フタがあって、フタを外すとクリートが付けれます。勿論、クリートを付けずに普通のスニーカーとしても使っていただけます。

 

 

レビュー

アッパー素材は耐摩耗性 1,000デニール疎水性ナイロンアッパーを使用。水に対しても強くタフです。汚れにくい感じもしました。

シューレースは反射素材の物が使われており、夜間の視認性が高いです。

 

余った紐を纏めれるバンド(シューレースガレージ)がありますので、巻き込みを防止し安全にライドできます。

 

アウトーソールのかかと部には、リフレクターが付いており、後部からの視認性も高いです。

 

PUクラッシュパッドインソールで衝撃吸収性に優れています。

 

アウトソールはパナレーサーPanaracer

アウトソールは自転車用タイヤ&チューブ専門ブランドのパナレーサーが手がけており、グリップと耐摩耗性が非常に高いです。フラットペダルで使用した際は食いつきが良く、ソールの減りも少なくペダルを確実に捉えてくれます。

 

 

 

気になるところ

まず、重量は484gあって重たいです。シューズとしては重い部類ですが、これは素材とトレードオフで仕方ないところ。当然、アウトソールも気合が入っており、サイクルシューズとしても成り立つ様に硬く反りにくい為、歩きにくいです。こちらもトレードオフです。

それと、脱ぎ履きしやすいローカット構造で紐だけでホールドする為、よくあるSPDシューズに比べるとホールド性は落ちます。落ちると言っても、まったくダメとかではないです。

また、SPD化することでクリートが、アウトソールより少し出てしまい地面に接触します。とは言え、普通のSPDシューズに比べると全然マシです。笑

 

サイズ選び

少し大きめなので、サイズはハーフサイズ(-0.5cm)ダウンがオススメです。SPDシューズとして使用を考えると、足の実寸サイズでもよいと思います。

筆者の足の実寸サイズは25.5㎝で通常は26.0㎝の靴を選んでいますが、KURSKは足の実寸サイズが一番しっくりきました。

 

まとめ

CHROME(クロームSPDシューズ KURSK AW PROはこんな人にオススメです。

  • カジュアルな服装でSPDシューズを使いたい方。
  • ガチではないSPDシューズを探している方。
  • すでにSPDシューズはお持ちの方でサブをお探しの方。
  • 今はフラットペダルだが、ゆくゆくはSPD化したい方。

筆者は一応サイクルウェア類は全て揃えておりますが、正装するのがめんどくさいので、とりあえず、動きやすい服装でヘルメットと、今回紹介したKURSK AW PROを履いて飛び出します。笑

やはり、KURSKはお手軽でどんな服装にも合わせやすいのが、最大のメリットと思いました。

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ