前世は、ねこ

よく「猫っぽいね」と言われる人が書くブログです。

コフラン(Coghlan'S) A&Fホットサンドクッカー レビュー。鋳鉄製で美味しく調理!

f:id:akihi-rock:20211004231201j:plain

一時期、ホットサンドにハマり週末になるとホットサンドを作り、ホットサンド職人と呼ばれていた時期がありました。

さて、筆者が愛用しているホットサンドクッカーは、コフラン(Coghlan'S) A&Fホットサンドクッカー。プレートが鋳鉄製の物で、かれこれ4年ぐらいの付き合い。

 

 

 

 

 

コフラン(Coghlan'S) A&Fホットサンドクッカー(ホットサンドメーカー)レビュー

f:id:akihi-rock:20211005001719j:plain

木製ハンドルの質感が良い感じ

アウトドア用品を販売する老舗のA&F(エイアンドエフ)がコフランに特注したホットサンドクッカー。A&Fの拘りが感じられる内容のクッカーとなっています。

 

プレートサイズ:H3.8cm×W13.5cm×D14.8cm
全長:36cm
重量:1400g
プレート材質:鋳鉄
ハンドル材質:木製

 

f:id:akihi-rock:20211005001714j:plain

上部ハンドルは斜めに入るようになっており、反発する力で下部ハンドルのレバーで固定する。

 

ポイント①プレートが鋳鉄製なのでしっかり火を通すことができる

f:id:akihi-rock:20211004231221j:plain

漆黒の鋳鉄。使えば使うほど雰囲気を纏う。

一般的なホットサンドクッカーは、テフロン加工やフッ素樹脂加工のコーティングを施した物が多くアルミ製です。コフランのホットサンドクッカーは、スキレットダッジオーブンで使われている鋳鉄製なので、熱伝導に優れ蓄熱性が高く中までしっかり火を通すことができます。

一度温めてしまえば余熱がありますので、2回目以降の調理はスピディーだったりします。(焦げ注意)

また、しっかりメンテナンスを行えば半永久的に使えるのも魅力です。

 

ポイント②プレートが外れフライパンになる

f:id:akihi-rock:20211005001716j:plain

コフランのホットサンドクッカーのプレートは2分割になります。取り外せることによりフライパンに早変わり!ホットサンドの中に入れる具を焼いてから、ホットサンドに挟む的な使い方もできます。

 

ポイント③ハンドルは取り外せコンパクトになる

f:id:akihi-rock:20211005001712j:plain

ホットサンドクッカーはハンドルが取り外せない物が多く収納に困ります。しかし、コフランのホットサンドクッカーはハンドルが取り外せるのでコンパクトに収納できます。

 

 

f:id:akihi-rock:20211005001721j:plain

収納袋はオレゴニアンキャンパー(Oregoniann Camper)の物を使用。そのまま入れてもOK

 

 

 

 

コフラン(Coghlan'S) A&Fホットサンドクッカーの気になるところ

下記内容を受け入れたら、コフランホットサンドクッカーはきっと良き相棒となってくれます。

 

①鋳鉄はメンテナンスが少し手間

鋳鉄のクッカーはアルミでコーテングされてるクッカーやステンレスの物に比べ、メンテナンスが少々手間な一面があります。

まず、初めて使う場合はシーズニングを行う必要があります。(※2回目以降は不要ですが、錆びたり場合によってはその都度必要。)

洗う時は基本的に食用洗剤は使わずお湯とたわしで洗い流します。洗い流したら水を拭き取り火にかけ水分を飛ばし、プレートが熱いうちにオリーブオイルなどの食用油を塗って完了です。手入れを怠ると錆びます。

また、鋳鉄は外部からの衝撃に弱く、落とすと割れたり、急激な温度変化を嫌い、プレートがまだ熱いのにに水をかけたりすると変形しますので注意。

 

②コンパクトになるが重い

コフランのホットサンドクッカーの重量は1.4kg。結構ずっしり感があります。これは鋳鉄を使っているので仕方ないですが、アルミ製の物と比べるとやはりヘビーです。

 

③作りが少々甘い

他レビューでもありますが、作りが少々甘いです…。(メイドインチャイナ)

ハンドルを最後まで締め込んだときに固定レバーの向きが斜めになってたり、使ってるうちにハンドルの木がぐらついたりとチラホラ症状が出てます。まあ、そこが味だったりするんですが。笑

 

直火式ホットサンドの作り方

f:id:akihi-rock:20211004231216j:plain

①パンにバターを塗っておく。

塗ることで綺麗な焦げ目がつきます。バターがない場合はマーガリンでも代用可能。

 

②プレートを余熱する。

油を薄く引いて煙が出ないぐらいの火力にしましょう。(油が多い場合はペーパーで拭き取ります。)余熱ができましたら火を消します。

 

②パンや挟む具材を下部プレートにセットする。

パンはバターを塗った側をプレート面にセットします。

f:id:akihi-rock:20211004231219j:plain

チーズ、白身のフライ、タルタルソース

 

f:id:akihi-rock:20211004231226j:plain

野菜も入れるとバランス良し。具はちょっと多めの方がパンの耳がくっ付きやすい。

 

④2枚目のパンをセットし上部プレートにセットする。

少々はみ出しても気にしないでください。笑

ズレないように閉じるのがポイントです。少し難しいかもしれませんが手でハンバーガーを押さえ付けるような感じで。

f:id:akihi-rock:20211004231224j:plain

固定力があるのでパンパンでも問題なし。しかし、入れすぎるとパンが板みたいになる。


⑤火入れ

・焼き初めは中火で片面を1分半ほど焼く。焼けたらひっくり返して片面も同様に焼く。

(火力は底面からはみ出さないぐらいの中火。火がはみ出しているとパンの耳が焦げる。)

・弱火〜弱中火に落として1分半〜2分焼き、片面も同様に焼いていく。

・ここで一度プレートを開き焼き面をチェック。おそらく焼きムラが出てるはずなので、焼き色が少ない方を底面にし、再び弱火〜弱中火で1分半〜2分焼く。

ときどき焼き面をチェックし、ひっくり返しながら弱火〜弱中火で1分半〜2分焼き、好みの焼き色がついたら完成。

調理時間はお使いのコンロ、バーナーにもよりますが約10分程度。

f:id:akihi-rock:20211004231228j:plain

野菜は余った物を盛り付けて彩る。

 

まとめ

f:id:akihi-rock:20211004231214j:plain

コフランホットサンドクッカーのプレートは鋳鉄製でしっかり火が通り美味しくなります。作りが甘かったり、メンテナンスフリーではなっかたりしますが気に入っています。

スキレットダッジオーブン同様に育てる楽しみもあり、これからもメンテナンスをしながら末永く使って行こうと思います。

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ