前世は、ねこ

よく「猫っぽいね」と言われる人が書くブログです。

ヒューナースドルフのタンクを純正ストッパーノズルでもっと快適に!灯油漏れからの脱却!

どうも。aki.freedomです。

キャンパーに指示を得ている、Hunersdorffヒューナースドルフ)のポリタンク。

ミリタリーテイストでオシャレでカッコイイですよね?

でも、付属のノズルって灯油は漏れるし正直使いにくいと思いませんか?

筆者も最初使ったら、盛大に灯油漏れを起こしました。笑

そこで、今回はヒューナースドルフをもっと快適に使える純正ストッパーノズルについて書きます。

 

 

 

 

ヒューナースドルフ純正ストッパーノズル

f:id:akihi-rock:20210129101742j:plain

ヒューナースドルフ社の純正パーツ(オプション)のストッパーノズル。純正品なのでピッタリ合います。

レッド(FUEL)とグリーン(OIL)の2種類のカラーがありますが、おそらく燃料とオイルの区別をつける為です。カラーと表記(マーク)が違うだけで、物は一緒なので好きなカラーを選べばOKです。

 

お値段2,970円(税込)

 

ヒューナースドルフ純正ストッパーノズルのレビュー 

f:id:akihi-rock:20210129103749j:plain

ストッパーを手前に引くとスライドされ給油できる仕組みとなっております。

 

f:id:akihi-rock:20210129105252j:plain

スライド時のノズル先端

※フジカハイペットやトヨトミレインボーなど、給油口が狭いストーブは差し込めませんので注意。

 

f:id:akihi-rock:20210129104328j:plain

ストッパーノズル内にエア抜きホースが入っており給油がスムーズ。接続側にはパッキンが付いており給油中や、誤って倒しても漏れません。

 

f:id:akihi-rock:20210129104252j:plain

取り付け方はストッパーノズル下蓋を外して本体に取り付けるだけ。ノズルの向きは自由に設定できます。

 

f:id:akihi-rock:20210129112940j:plain
取り付けイメージ

 

f:id:akihi-rock:20210129105757j:plain

収納イメージ

使用しない時は本体蓋の輪っかに通して収納。ストッパーノズルは下蓋があるのでゴミなどが混入しません。

 

 

 

Before【付属ノズルの問題点】

ノーパッキン

付属ノズルはノーパッキン。このまま給油すると必ず接続部から漏れます。

 

f:id:akihi-rock:20210129113016j:plain

私は汎用品のパッキンを使用して漏れないようにしていますが、他にも問題点があります。

 

(パッキンはこちらを使用ました。)

 

ノズルの向きが本体に対して横になる

f:id:akihi-rock:20210129113032j:plain

 

f:id:akihi-rock:20210129113041j:plain

ノズルの向きがタンク本体に対して真横になります。これが非常に給油しにくい。笑

本体方向に合わすと今度は漏れます。つまりこの状態がデフォルトなんです。

 

給油後の残油が垂れる

そして、給油後は必ずノズルに残油がありますので…、

f:id:akihi-rock:20210129113227j:plain

ぐぬぬ…」笑

常にこの状態で保管していました。オシャレとは何なのか?と問い正したいです。

 

エア抜きがない

フューナースドルフはエア抜きバルブがありません。もちろん、付属ノズルにもエア抜きホースは付いてないのでスムーズに給油できません。勢いよく出たらあちらこちらに飛散します。

 

After【ストッパーノズル装着後】

そして、こちらがストッパーノズル装着後です。

f:id:akihi-rock:20210129101601j:plain
ストッパーノズルはガッチリ取り付けれますので、漏れる気配はまったくありません!

 

f:id:akihi-rock:20210129112954j:plain

タンク本体に対して、ストッパーノズルが真っ直ぐ付きます。ノズルの向きは自由に変えれますので、使いやすい方向に合わせれます。

それと、給油後はノズル先端に少し灯油が付着しますが、これは構造的に仕方ないかと思いました。

 

f:id:akihi-rock:20210224154228j:plain

また、ストッパーノズルにはエア抜きホースがありますのでスムーズに給油できます。

付属ノズルは「バチャバチャ!」となりますが、こちらは「ジャー」と出ますので、ファンネル(漏斗)を使用しての給油とも相性抜群です。

 

お手頃なストッパー無しノズルもあり

お手頃なストッパー無しノズルも用意されています。こちらもエア抜きが付いてるのでスムーズに給油ができます。

 

 

まとめ

ヒューナースドルフ純正ストッパーノズルを使うことで、今まで煩わしいかった給油がノンストレスで行えます。今までは付属ノズルを使用してきましたが「使いにくかった」思い出しかありません。同じ悩みをお持ちの方は、純正ストッパーノズルで快適な給油をしましょう!

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ